本文へスキップ

一般社団法人日本食文化観光推進機構(GTAJ)は地域の食文化を通じて地方創生に取り組むネットワークです。

Gastronomy Tourism Alliance of Japan

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-5 翔和須田町ビル2階

設立趣旨CONCEPT

ご挨拶

 2017年4月、地域の食文化を通じて国内旅行市場を活性化させ、また訪日観光客の地方への誘客を目指し、「一般社団法人日本食文化観光推進機構」(GTAJ:Gastronomy Tourism Alliance of Japan)を設立いたしました。

 日本食文化観光推進機構は、地域の個性である様々な食を、その背景なども含めた「地域食文化」の情報を発信し、地域への来訪を拡大していくプラットフォームとして、地域の活性化・地方創生に寄与して参ります。


設立趣旨

 「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録され、日本人の食文化が世界から評価されています。一方、現代の日本人の生活文化としての食文化には、和洋折衷=様々な外来の食を取り込み「日本食」として根付く日常食にこそ、その本質の一端があるとも言えます。

 さらに世界にも類を見ない地方独特の食文化の多様性は、地域の地勢的・歴史的背景の影響を受けています。また地域住民に愛され育まれた郷土料理を含むご当地グルメは、日本の食文化を語るうえで極めて魅力的な要素で、日本人はもとより、海外に対しても日本固有の地域資源としてのポテンシャルを秘めています。

 近年急増する外国人旅行者、伝統的な和食だけではなく、地域に根付いたご当地グルメへの関心が高まっており、地方都市への旅の動機付けにもなってきています。しかしながら世界中から訪日する外国人旅行者に対して、日本国内の多様な食文化に関する情報発信に向けた情報の整理・収集・編集加工は十分に取り組まれておらず、その価値が正確に伝わっておりません。

私たちは、日本の庶民の食文化を守り伝えるための調査・情報収集を行い、国内旅行者に対して地域の食文化の情報発信によって国内旅行市場を活性化させ、さらには訪日外国人旅行者の地方周遊を促進させることを目指し、地方創生に貢献したいと考えています。


沿革

2016年10月
日本食文化推進機構設立準備室 開設
2017年1月
日本食文化観光推進機構 創設
2017年4月
一般社団法人日本食文化観光推進機構  設立

バナースペース



一般社団法人
日本食文化観光推進機構

(GTAJ)

〒101-0041
東京都千代田区神田須田町1-5 翔和須田町ビル2階

TEL 03-6206-8979